誕生日プレゼントのアイディア集

誕生日プレゼントアイディア集

母のプレゼント

お母さんへイヤリングをプレゼントしたい!贈り方のポイントご紹介!

更新日:


■お母さんはピアスの穴は開けてる!?

○ピアスの穴がなくとも使えるイヤリング

初めてもらうお給料でお母さんにプレゼントをしようと考える人は多いと思います。

何か記念になるもの、ずっと使えるものがいいですよね。

定番はアクセサリーです。

ピアスもいいですが、穴を開けていないお母さんもいます。

また、金属アレルギーの方もいます。

金属アレルギーの場合は素材に気をつかう必要があります。

チタンなどが定番です。

ピアスではなくイヤリングは穴があるかは関係ありません。

イヤリングだときちんとした印象になります。

息子や娘からもらうアクセサリーはとても嬉しいものです。

せっかくなら気にいってもらうものをプレゼントしたいですよね。

長く愛用できるものイヤリングの選び方をご紹介します。

■人気なのはパール!

○パールは持っている!?

1粒だけのパールがついたシンプルなイヤリングは場面を選ばずに使えます。

清楚で清潔感、謙虚なイメージがあります。

予算も5,000円台から買えます。

パールの質や大きさも選べます。

ですが、定番中の定番といえるので、40代、50代のお母さんなら1つは持っていることが多いといえます。

結婚式やお葬式にも使えます。

ちょっとしたフォーマルな印象を与えることができます。

お母さんがお嫁に行く際、ご両親からプレゼントされることも多いでしょう。

自分で購入する方もいます。

お母さんがパールが好きであればいくつあっても嬉しいかと思いますが、たいてい1つは持っているものです。

せっかくなら思い出に残るプレゼントがしたいですよね。

そうでなければ、ちょっと変わったイヤリングの方が良さそうです。

日頃からお母さんの趣味をちゃんと見ているよ、ということも伝えられます。

頑張って選べば、きっと喜んでくれますよ。

■女性の永遠の憧れダイヤモンドのイヤリング

○女性はいくつになっても美しくいたいもの

息子や娘からダイヤモンドのイヤリングをもらったら、お母さんはきっとびっくりするでしょう。

ダイヤモンドは婚約指輪のイメージがあり、高価なものと思いがちです。

しかし、ノーブランドで小さな一粒ダイヤモンドのイヤリングであれば16,900円くらいから買えます。

0.2カラットくらいであれば、デニムにTシャツにあわせてもおしゃれです。

ちょっときれいめなコーディネートの時にも使用できます。

同窓会や食事の時などのフォーマルな場面でも使うことができます。

高価なものはタンスの肥やしになってしまうこともあります。

両耳でこの程度の値段であれば問題ありませんが、お母さんによっては値段が分からない場合もあります。

「10万くらいはするんじゃない!?」とびっくりして大切にしまっていることもあります。

そうならないよう、一緒に買い物へ行きましょう。

■誕生石で選ぶイヤリング

○毎年思い出して付けてくれるかも

誕生石は女性なら誰もが知っています。

毎月1つずつ天然石が決まっています。

例えば1月ならガーネットです。

「豊かな心・絆を深める」などの意味があります。

6月はパール、4月はダイヤモンドです。

それぞれ「若さ・健康」「永遠の絆」という意味があります。

デザインが豊富なところもいいですね。

毎年、誕生日が近くなったら付けてくれるかもしれません。

誕生石は色のついた石が多くあります。

服装とのコーディネートが難しいのも事実です。

2月はアメジストで紫色です。

紫色をコーディネートに取り入れるのは上級テクニックです。

お母さんが白いシャツなどシンプルな装いをしているならよいでしょう。

色柄ものが多いお母さんなら難しいかもしれません。

おしゃれなお母さんならうまくコーディネートしてくれるでしょう。

■流行のイヤリングで若々しく

○タッセルやレジンのイヤリングが人気

若いお母さんなら石にタッセルを使ったイヤリングが人気です。

レジンでカラフルな色を付けたものやドライフラワーをレジンで固めたものもおすすめです。

タッセルを黒やグレーにすれば、どんな服装にも合わせやすいと思います。

ショートカットの方や髪をアップにした時に揺れて、とても素敵です。

レジンでできたイヤリングはたくさんあります。

いまの流行りです。色々なテイストから選ぶことができます。

お母さんの好きそうなイメージで選ぶのも楽しいですね。

タッセルやレジンのイヤリングは1,000円くらいからあります。

お母さんには安っぽく見えてしまうかもしれません。

いくら気に入っていても、周りから「安っぽいな」と思われたらかわいそうですよね。

コーディネートが得意なお母さんなら、うまく合わせてくれると思います。

そうでないお母さんは難しいと感じるかもしれません。

普段、お母さんがどんな服装をしているかをよく見てみましょう。

■色々選べるデザインイヤリング

○お母さんにあったデザインを選ぼう

スワロフスキーやビーズ、ゴールドなどのパーツを組み合わせてあるイヤリングは、お母さんのイメージに合わせて選びやすいと思います。

デザイン性のあるイヤリングも多くあります。

パールだけのものは定番ですが、ビーズと組み合わせてデザインしたものであれば他の人と被らずおすすめです。

お母さんがすでに持っていることもないでしょう。

ダイヤモンドの代わりにスワロフスキーのデザインイヤリングを選ぶのもおすすめです。

普段使いもできますし、透明なものばかりではありません。

カラフルなスワロフスキーであれば種類も豊富です。

イヤリングは顔の近くにつけるアクセサリーです。

くすみをカバーしたり、小顔に見えるデザインだとお母さんも嬉しいでしょう。

チェーンなどの揺れるものやキラキラ輝くものだと高級感もあっていいですね。

揺れるデザインのイヤリングなら、首からあごのフェイスラインをきれいにみせてくれます。

パーツは合金ではなく18金や14金などにすると錆びることもありません。

いつまでも、きれいなままで使用できます。

■まとめ

お母さんへのプレゼントはイヤリングにしよう!と思っても、たくさんの種類があります。

お母さんの服装をチェックしてどんなデザインが似合うかを考えましょう。

髪型や好きな色などをチェックするのもいいですね。

あまり高価すぎるイヤリングはおすすめしません。

失くしたらどうしようと、なかなかつけてもらえないからです。

普段、気軽に付けられるものがおすすめです。

お母さんに似合うイメージのものを選びましょう。

好きな色や年代に合わせたデザインのものがいいでしょう。

予算も大切です。

どうしても選べない時はインターネットで検索したり、売り場の人に聞いてみるのもおすすめです。

自分の息子や娘からもらったイヤリングは、お母さんの宝物になると思います。

 

-母のプレゼント

Copyright© 誕生日プレゼントアイディア集 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.