誕生日プレゼントのアイディア集

誕生日プレゼントアイディア集

母のプレゼント

遠方で暮らす母親への最高のプレゼントは【時間】が喜ばれる!

更新日:

■地元のものを贈って元気にやっていることを伝える

「お母さんにとって子どもは何歳になっても子ども」という言葉があります。

遠方で暮らす子どもが元気に楽しく過しているかを、お母さんはいつも気にかけているものです。

そんなお母さんへ向けて、今自分が暮らしている地域のものを贈りましょう。

「こっちで楽しくやっています」というメッセージを込めることができます。

食べ物だとよりいっそういいですね。

「きちんとご飯を食べています」というメッセージも込められます。

お母さんはホッと一安心できるでしょう。

今は通販で何でも買える時代です。

だからこそ、何を買えばいいか悩みます。

そんなときは地元のものをプレゼントしましょう。

きっと喜んでくれますよ。

地元のご当地キャラグッズでは安直すぎるかもしれません。

民芸品や地元の企業の製品が一ひねり効いていて面白いと思います。

誕生日などのメッセージカード添えてあげましょう。

住んでいる近くの観光地が載っている絵葉書がおすすめです。

地元ならではの食材も喜ばれます。

「こっちではこれをこうやって食べるんだよ」というメッセージを添えるのもいいですね。

子どもがちゃんとご飯を食べているのかをお母さんは常に気にしています。

母親に料理方法を教えることで、「きちんと食べているよ」というメッセージになります。

〇元気を伝えるメッセージ例

「これを使った料理はめちゃくちゃおいしい」

「地元の人はみんなこれを使っています」

というメッセージは喜ばれます。

贈ったものの説明があるとお母さんも使いやすく感じます。

「自分もこの食材を使っているよ」というと、お母さんは一緒のものを楽しめて喜んでくれます。

また、メッセージの返信も「今度帰ってくるときも買ってきてね」と書きやすいものです。

お母さんは早く子どもに帰ってきてほしいと思っています。

■「いつも気にかけています」というメッセージをこめて

「お母さんにとって子どもは何歳になっても子ども」といいました。

しかし、大人になるとお母さんのことを心配するようになります。

子どもの成長した証だといえますが、お母さんからみるとうっとうしいこともあります。

何かと心配され、年齢について小言を言われると嫌になってしまいます。

新しい小姑の登場のように思われてしまうこともあるようです。

子どもからしてみたら「心配しているのに!」という気持でしょう。

お母さんからしてみたら「年寄扱いして!」という思いです。

お互い相手の気持に気づいていますが、意地もあって、なかなか素直になれません。

家族だからこそ起きる問題です。

甘えとも言えますが、照れもあるでしょう。

「いつも気にかけています」なんて、なかなか素直に言えないものです。

恥ずかしがり屋で意地っ張りな親子の場合、贈りものをうまく使うのがおすすめです。

遠方に住むお母さんには、

“お母さんの暮らす地域であったら便利なもの“

を贈りましょう。

「いつも気にかけているよ」というメッセージを込められます。

例えば、雪深い地域ならばスノーシューズがおすすめです。

最先端素材で作られたものがいいでしょう。

逆に暑い地域ならば冷感タオルや日よけの帽子なんかがオススメです。

UVカット効果のあるものがいいですね。

坂の多い地域では電動自転車が喜ばれます。

他にも、お母さんの趣味に合わせたものを贈る手もあります。

例えば、絵を描くのが好きなお母さんならば、絵の具セットや大人用の塗り絵セットがいいでしょう。

歌を歌うのが好きなお母さんだったら、ミュージカル映画のDVDや性能の良い音響スピーカーなんていうのもステキです。

娯楽にお金を使うお母さんは少ないようです。

お母さんが自分では買わないようなものを、あえてプレゼントしましょう。

とても喜んでもらえます。

〇気づかいを伝えるメッセージ例

お母さんとの思い出を忘れていないことを伝えましょう。

例えば、

「小さい頃、お母さんへの誕生日プレゼントは肩たたき券ばかりだったね」

というメッセージはどうでしょうか。

昔の思い出とお母さんへの思いをさりげなく込めたメッセージになります。

思い出を共有していると思うとお母さんは喜びます。

きっと素敵なプレゼントになります。

自分の成長をアピールするメッセージもいいかもしれません。

「今度は私が祝う番だね」

というメッセージであれば、お母さんへの気づかいも含まれていて、嬉しく思ってくれるはずです。

■プレゼントを贈るよりお祝いに行く

遠方に住んでいるお母さんへの最大のプレゼントは会いにいくことです。

何かものを贈るよりもずっと喜ばれます。

誕生日の当日でなくても大丈夫です。

会いさえ来てくれればお母さんはこだわりません。

〇会いに行く時のメッセージ例

お母さんの苦労を癒すようなメッセージがいいでしょう。

「帰省したらお母さんの手料理を食べたい」というのがおすすめです。

「一人暮らしをきっかけにお母さんの大変さを知りました」というメッセージが込められます。

お母さんも過去を思い出し、大変だったことがすべて報われた気持ちになるでしょう。

■切符や旅行券をプレゼント

自分が会いに行くのが難しい場合は来てもらうことも考えてみましょう。

切符や旅行券を贈ってあげるのもいいと思います。

切符の場合は有効期限があるので注意しましょう。

びゅう商品券がプレゼントにはおすすめです(JR東日本、JR北海道で利用できます)。

びゅう商品券は乗車券や特急券、国内旅行商品や旅館・ホテルなどで利用することができます。

一人暮らしで泊められる部屋がなくても大丈夫です。

旅館やホテルに泊まることができれば、お母さんは十分たのしめるでしょう。

のんびりとしたホテルライフは、お母さんにとってもステキな羽休めになります。

普段1人で出かけることがないような人でも、

「子どもが会いに来て欲しい」

といえば喜んで会いきにきます。

ちょっとグレードの高いホテルを予約するのもおすすめです。

ホテルライフを満喫してもらいステキなプレゼントにしましょう。

〇母親に来てもらう時のメッセージ例

旅行そのものを楽しめるメッセージがいいでしょう。

「○○駅の~という駅弁がおすすめです」

「こっちはお母さんの暮らす地域よりも暑いから服装に気を付けてね」

というメッセージがおすすめです。

お母さんは旅行の準備の段階からいろいろ想像して楽しむことができます。

「米や野菜はいらないよ」

というメッセージは避けましょう。

お母さんの気持ちをあざむくことになります。

親にとって子どもはいつまでも子どもです。

面倒をみるのも旅行の楽しみの1つなのです。

にっこり笑って「ありがとう」ということもプレゼントの1つだと思いましょう。

■会うのが気恥ずかしい場合

会いに行くことや来てもらうことが気恥ずかしい場合もあるでしょう。

旅行グッズや身につけるものを贈るといいです。

「今度会うときに見せて欲しい」というメッセージを込めることができます。

おすすめは旅行バッグです。

1~3泊程度のサイズがいいでしょう。

普段使いには大きすぎるためです。

「せっかくだから旅行ついでに会いにいこうかな」

とお母さんが思うきっかけになります。

〇旅行に誘う時のメッセージ例

自分の家の近所をアピールするメッセージがおすすめです。

「近所の○○で花が見頃です」

「近所に美味しいスイーツの店ができました」

というメッセージにすることで、お母さんを誘いやすくなります。

■元気な気持ちが一番

遠方で暮らすお母さんへの誕生日プレゼントは花やグルメが定番です。

ですが、一工夫してメッセージを添えてあげることをおすすめします。

「いつも元気にしているよ」

「いつもお母さんを気にかけているよ」

という思いを込めましょう。

お母さんにとって子どもはいつまでも子どもです。

お母さんは子どもをいつも心配しています。

きちんとご飯を食べていると分かればお母さんは嬉しく思うものです。

「ご飯をしっかり食べていつも元気にでいるよ」

「楽しくいろいろ頑張っているよ」

ということをアピールしましょう。

お母さんにとって品物以上に嬉しいプレゼントになります。

-母のプレゼント

Copyright© 誕生日プレゼントアイディア集 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.