誕生日プレゼントのアイディア集

誕生日プレゼントアイディア集

父のプレゼント

お父さんの還暦祝いを成功させたい!誕生日とは別にお祝いを

更新日:

他の長寿のお祝いは知らなくても、還暦のお祝いを知っている人は多いですね。

しかし、還暦の意味や赤いちゃんちゃんこを着る意味となると、知らない人もいるのではないでしょうか?

お父さんの還暦のお祝いをしたいと思ったら、まず、還暦について知っておきましょう。

■知っておきたい還暦のこと

長寿のお祝いで、1番最初のお祝いが、還暦です。

人生の節目の時として、誕生日とは違ったお祝いをしてあげましょう。

○還暦のお祝いの意味

還暦のお祝いは古代中国で発祥して、日本には奈良時代に取り入れられました。

干支(えと)の干は10種類あり「十干」、干支の支は12種類あるので「十二支」、その組み合わせで60種類の干支ができます。

60年で1巡りするので、暦が元に還る(かえる)ということで、60歳が還暦としてお祝いされるようになりました。

ちなみに2018年の干支は戊戌(つちのえいぬ)。

戌年(いぬどし)で十干のうちの戊にあたります。

1958年(昭和33年)戌年生まれの方が、今年、還暦を迎えます。

○「赤いちゃんちゃんこ」を贈る?

お父さんが還暦というと、大半がアラサー世代の子供たちですから、「赤いちゃんちゃんこ」を着るというイメージをもっています。

それほど定着している「赤いちゃんちゃんこ」ですが、どうしてこのような風習ができたか、知っていますか。

昔は、赤ちゃんが生まれたら赤いちゃんちゃんこを着せるという風習がありました。

赤い色には魔除けの意味があって、生まれてすぐ赤ちゃんが死ぬことも多かった昔は悪いことが起きないようにと、赤ちゃんに赤いちゃんちゃんこを着せて健康に育つことを祈りました。

還暦は暦が還るということで、また赤ちゃんに戻るという意味があります。

その意味もあって、還暦のお祝いに赤いちゃんちゃんこを着る、という風習ができました。

とはいっても、現代の60歳は現役で活躍している方もいる年齢です。

年寄りくさいことは嫌いな人も多いです。

赤いちゃんちゃんこを着る、という風習もなくなりつつあります。

それでも、赤という色自体に「元気」や「パワー」を表す色でもあるので、赤い色をワンポイントで使っているプレゼントを贈ることは、還暦のお祝いにもなります。

■還暦のお祝いと誕生日プレゼントとの違い

還暦は節目の時なので、還暦のお祝いと普通の誕生日とは違うものにします。

違いをあげてみました。

○赤をモチーフにしたプレゼントを贈る

赤いちゃんちゃんこを贈って場が盛り上がった、というエピソードもありますが、嫌がるお父さんもいます。

別のプレゼントを用意しておいて、赤いちゃんちゃんこは写真を撮る時のみにするといいでしょう。

プレゼント自体に赤がはいっていると、還暦のお祝いらしくなります。

面白いところでは、赤いパンツを売っているお店もあるのでご参考にしてみてください。

○家族が集まって会食をして祝う

家族や親戚が集まって会食してお祝いするのが、一般的な還暦のお祝いです。

自宅でもレストランでも、時間があれば温泉旅館でもいいですが、家族ができるだけ集まりやすい日にち、場所を選んでお祝いします。

その場で、メッセージつきのプレゼントを手渡してあげると喜んでもらえます。

■お父さんに贈る還暦のお祝いを選ぶポイント

一生に一度の還暦のお祝いですから、できるだけ渡し方や選び方にもこだわってみましょう。

まずは、どんなプレゼントがいいか、プレゼントの選び方をみていきましょう。

予算は、両親に贈る場合の平均は3万円です。

あまり高級なものは避けます。

○日常的機能的アイテムを贈る

日頃、疎遠になりがちなお父さんの還暦のお祝いは、ぜひ喜んでもらえるものを贈りましょう。

お父さんへのプレゼントは、日常生活に役立つものが1番です。

日常生活に役立つものというと、お父さんの生活スタイルによって違ってきますから、リサーチが欠かせません。

お母さんに聞いたり、お父さんと一緒に出かける機会をつくったりと、それとなくリサーチします。

【還暦のお祝いにする場合】

記念になるプレゼントと一緒に渡す、寄せ書きが効果的です。

特に似顔絵色紙などを使うと、喜んでもらえます。

○趣味に役立つものを贈る

趣味に役立つもので喜んでもらえるものといえば、名入れアイテムが最適です。

今は、それほどお金がかからずに、いろいろなものに名入れをしてもらえます。

【還暦のお祝いにする場合】

名入れアイテムと一緒に、生まれた日の新聞も贈ると話が盛り上がります。

○仕事に役立つものを贈る

まだまだバリバリ仕事をするお父さんなら、日常生活やビジネスシーンで使っている文房具や手帳、ケース類など、普段使いしているものよりもちょっとグレードの高いものを贈ってあげるといいですね。

【還暦のお祝いにする場合】

ボールペンやメモリなどに名入れをすると、しゃれた感じになります。

ネクタイは、ちょっと赤を効かせたものを贈ると華やかになって若々しく見えます。

■還暦のお父さんへプレゼントの渡し方

還暦のお祝いは、いつもの誕生日とは違う渡し方をすると効果的ですね。

○渡す日とタイミング

還暦のお祝いをいつにするかは悩むところです。

還暦のお祝いは皆で集うことが大切ですから、平日や集まれる人が少ない日にちは避けたいです。

そんな時は誕生日とは別の日に還暦のお祝いをすると、ゆっくり楽しんでもらえます。

その場合は、誕生日よりもお祝いの方を優先しましょう。

自宅にしろ、レストランにしろ、皆で集って会食するのが一般的な還暦のお祝いになります。

プレゼントを渡すタイミングは、会食をしながら場が盛り上がってきたころに渡すのがいいでしょう。

まわりの方に合わせたタイミングも必要ですね。

どうしても還暦のお祝いに行けない場合は、集まる日ではなく、60歳の誕生日の前日か当日にプレゼントを渡すようにしましょう。

○サプライズな渡し方も

還暦のお祝い会をサプライズな形で行うのも、サプライズが苦手なお父さんでなければ盛り上がる方法です。

本人に内緒で皆が集まっているところに本人が帰ってくる、といったサプライズは一般的で、しかも盛り上がるパターンです。

これを成功させるためには、事前の打ち合わせが必要です。

場を想像しながら、集合写真の撮り方やプレゼントを渡すタイミングなど、ある程度のことは話し合って決めておきましょう。

サプライズにかかる予算の割り振りで、トラブルになることもあります。

予算についても、しっかりと話し合っておきましょう。

■還暦のお祝いに贈るもの

健康長寿の還暦のお祝いには、ふさわしくないものもあります。

知っておくと役立ちます。

○老いを感じさせるもの

老眼鏡や杖など、最初の長寿のお祝いである還暦に、老いを感じさせるものは、お父さんは結構敏感です。

○花で気をつけるもの

「菊はお葬式を連想させるもの」
「椿は首からポロっと落ちる」
「シクラメンは、死と苦が言葉のなかにある」ので避けます。

○お茶

還暦のお祝いとしては避けた方がいいです。

お茶は香典返しの時によく使われるものなので、イメージがよくありません。

○櫛など

櫛は苦と死を連想させるものなので、還暦のお祝いとしては避けます。

履物も「足で踏みつける」という意味に通じるので避けます。

ウオーキングシューズなど履きやすい靴が欲しい、といわれたら、一緒に買いに行ってプレゼントするのは悪くありません。

■まとめ

誕生日と還暦のお祝いが決定的に違うところは、皆が集うというところです。

普段の誕生日のプレゼントは個別に郵送でもいいですけれど、人生に1度しかない還暦のお祝いは子供も孫も集って、できるだけ大勢でお祝いしてあげましょう。

メッセージも、できれば寄せ書きにして渡したり皆で歌を歌ったり、というパフォーマンスもほしいところですね。

皆が揃うというのはそれほど多くはありませんから、親もまだまだ元気で皆でワイワイガヤガヤお祝いできる還暦のお祝いは、集う時期としては最適です。

予算のトラブルが起きないように高価なプレゼントは避けて、還暦のお祝いを皆で楽しめるように企画しましょう。

-父のプレゼント

Copyright© 誕生日プレゼントアイディア集 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.