誕生日プレゼントのアイディア集

誕生日プレゼントアイディア集

父のプレゼント

超働き世代のお父さんに送りたい、誕生日にふさわしい本10選

更新日:

お父さんへのプレゼントに迷ったら、本を贈ってみませんか?

誕生日プレゼントに本を贈るというのはまだあまりなじみがないかもしれませんが、欧米ではよく行われています。
スペインでは親しい人に本を贈る「本の日」もあるほどです。

日頃あまり本を読まないお父さんでも、誕生日は読書を始める良いきっかけになります。

これからの人生を考える本や感謝の思いを伝える本、見ているだけで心がなごむ本など、50代のお父さんに贈りたい10冊の本を集めました。

■50代以降の人生を考える本

人生100年時代といわれる昨今、50代はちょうど折り返し地点にあたります。

これまで歩んできた人生、そしてこれから来る老後を考えるために、手がかりとなる本を選びました。

50代という年代に特化した人生の指南書が、これからの人生をより豊かに送るお手伝いをしてくれます。

〇会社人生、五十路の壁/江上剛

50代のお父さんは、会社組織の中ではもうベテランです。いい意味でも悪い意味でもすっかり安定している頃です。

そんな時期に読んでほしいのが本書です。著者は50代を目前にして作家という道を選んだ銀行員です。

仕事と趣味のバランスの取り方など、50代から先、充実した人生の送り方を独自の視点で語ります。

「50代は好きなことをするチャンス」という力強い言葉が、お父さんの今後を後押ししてくれるでしょう。

〇50代にしておきたい17のこと/本田健

人生をシステマチックにとらえ、各年代ですべきことを提案するシリーズのうちの1冊です。ビジネス書を読みなれたお父さんなら、このような本が読みやすいと思います。

50代はこれから迎える老後への準備期間。先をただ悲観するのではなく、前向きに最後まで悔いのない人生を送るため、いまできることをするのが大切だと本書は主張します。

今やらないと後悔することをリスト化する、生まれ故郷を訪れて自分のルーツを確認するなど、具体的な方法が多数紹介された本書。

50代という年代を大局的にとらえ、今後へとつなげるための手法を提示する1冊です。

〇50代から、いい人生を生きる人/『PHP』編集部・編

著名人15人が「50代から先の人生」を語ったエッセイ集です。

自らの実体験にもとづいて生き方を語ってくれているのは、いずれも人生を楽しむ達人というべき人ばかり。

佐藤愛子や永六輔、山田太一といった名エッセイストのほかにマギー司郎や小椋佳といったちょっと意外な顔ぶれもそろっています。

彼らが語る人生で学んできたこととは?それぞれの「50代以降」は、お父さんの心に深い印象を残すことでしょう。

■プレイバック80年代

50代のお父さんが青春時代を送ったのは、1970年代から80年代にかけて。

本書は当時の懐かしい思い出がよみがえるような昭和後期をテーマにしたエッセイです。

若かったあの頃へタイムスリップしてもらいましょう。

知っている人にも知らない人にも面白い「あの頃」の知識が満載です。

〇カセットテープ少年時代/マキタスポーツ

松田聖子や近藤真彦、チェッカーズ……懐かしいアイドルが軽妙なトークで次々とよみがえります。

ラジオ番組を書籍化した本書は愉快なトークと名曲の数々で昭和後期を振り返るユニークな1冊です。

80年代はアイドル歌謡曲の時代。

老若男女がテレビの中のアイドルへ胸をときめかせた時代でした。

そんな時代に10代だったお父さんなら、本書はきっと共感できます。

あの頃、深夜まで夢中になってラジオを聞いていたお父さんにも、アイドルの振り付けを真似して踊っいたお母さんにも、ぜひ読んでいただきたいオススメの本です。

〇8時だョ!全員集合伝説/居作昌果

50代なら、知らない人はいないといっていい伝説のテレビ番組「8時だョ!全員集合」。

懐かしいあのギャグやあの歌で、同世代のお父さんたち同士で盛り上がれます。

これが50代の醍醐味とさえいえるでしょう。

その「全員集合」のプロデューサーを務めた著者が、テレビの裏で起きていたことを語ります。

表舞台よりも面白いテレビの裏側がドラマ仕立てに描かれています。

最高視聴率50%の怪物番組はなぜできたのか、当時のスタッフや出演者への取材で、その事実が浮かび上がります。

ノスタルジーだけで終わらない、大人の好奇心を満たす名著です。

〇80's エイティーズ/橘玲

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』など、知られるベストセラー作家・橘玲が自伝的な切り口で書いた異色のエッセイです。

高度成長期からバブル期へ、世の中が輝いていた頃の記憶をつづっています。

きらきらした時代の中で、違うものを探し続けた著者。

上り調子の時代にふと感じるむなしさや切なさまで、いい面も悪い面も映し出した貴重な時代の記録です。

リアルタイムであの頃を経験し、いま50代になったお父さんに読んでほしい1冊です。

■心を癒す写真集

忙しくてなかなか本を読む暇がないお父さんには、写真集を贈るのもオススメです。

写真集なら、時間がないお父さんでも、ぱらぱらと眺めるだけで内容を堪能できます。

美しい写真を集めた写真集で、癒しの時間をプレゼントしましょう。

〇吾輩は看板猫である/梅津有希子

近年増えている猫好き男子。

もしお父さんが猫好きなら、こんな可愛い写真集がきっと喜ばれます。

本書は、著者が東京の下町で見つけた看板猫を撮影した写真集です。

時間が止まったような昔ながらの下町やお店、人と絶妙な間隔をとりながらマイペースに過ごす猫たちの織りなす風景は、なんともゆるくて魅力的です。

思わず顔がほころんでしまう、優しい空気に満ちています。

昭和レトロな下町風景と猫。ダブルの癒し効果でお父さんもきっと大満足です。

〇三千院の四季/水野克比古

忙しいお父さんのために、旅行をプレゼント……はできないかな?という方は、見ているだけで旅行気分が味わえるような写真集をプレゼントしましょう。

ここでオススメする1冊は、古都京都を代表する名刹の写真集です。

京都を長年にわたり撮り続けてきた写真家の厳選された1枚が収録された本書。

観光名所として多くの人を魅了する三千院をプロの目でとらえた、まさに珠玉の写真集です。

四季のある国日本を象徴する、四季折々の美しい風景を楽しめます。

■なかなか言えない思いを込めて

家族間で、あらたまって感謝の気持ちを伝えるのは照れくさいですよね。

誕生日を機会に、普段は言いにくいことをプレゼントに託してみませんか。

言いたい内容がはっきりした本のプレゼントなら、きちんとメッセージが伝わりますよ。

〇父へ母へ。100万回の「ありがとう」/『PHP』編集部・編

各界の著名人が両親との思い出を語った感動の1冊。

宗教学者ひろさちや、漫画家藤子不二雄Aなど多彩な顔ぶれがつづる家族の思い出に、思わずほろりとしてしまうでしょう。

どんな家族であっても、なによりも伝えたい気持ちは「感謝」のはずです。こんな本のプレゼントで、ストレートにお父さんへのありがとうの気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。

〇偉人の誕生日366名言集/久恒啓一・編著

誕生日にちなんで、こんな本を贈るのもオススメです。

本書には一日一言、その日に誕生日を迎える偉人が残した名言が紹介されています。

毎日は同じように見えても、一日一日違うもの。

人生の折り返し地点にさしかかった今だからこそ、あっという間に過ぎてしまう毎日を大切に過ごしてほしい、という願いを込めることができます。

心に響く名言で、忙しい日々を送る50代のお父さんへ毎日を豊かに過ごしてほしい、というメッセージを伝えます。

■まとめ

50代のお父さんへの誕生日プレゼントとして、オススメしたい本をご紹介しました。

本にはそれぞれの好みがありため、プレゼントはなかなか難しいものですが、心を込めて選べばきっと喜んでもらえます。

なかなか決められない時には、図書カードやカタログギフトを利用するという手もありますよ。

50代の誕生日にはぜひ本をプレゼントして、お父さんへ感謝の気持ちを伝えましょう。

-父のプレゼント

Copyright© 誕生日プレゼントアイディア集 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.